花粉症対策としてマスクやザイザルなどの薬を利用するのは聞いたことがあると思いますが、最近では注射での花粉症対策が注目されています。毎年苦しめられる花粉症を対策できる注射とは、一体どんなものなのでしょうか?

せきが出ている男性
  • ホーム
  • 日本で承認されたばかりのエリアスの実力は?

日本で承認されたばかりのエリアスの実力は?

花粉症やアレルギー性鼻炎などの諸症状に効果があると言われるエリアスは、日本で承認された抗ヒスタミン薬です。
ただし、日本国内では病院で医師の診察を受けてから処方してもらうこととなります。
エリアスの主成分はデスロラタジンで、アレルギーの原因となるヒスタミンの働きを抑える効果があります。
ただし、このデスロラタジンが有効成分として配合されている市販薬はまだなく、病院で処方してもらうか、個人輸入の通販を利用して手に入れることとなります。

アレルギー症状に効くとされる抗ヒスタミン剤ですが、実は第1世代抗ヒスタミン薬と第2世代抗ヒスタミン薬があります。
この違いは、単に早く開発されたというだけではなく、効果や副作用についても大きな違いがあるということを覚えておくといいでしょう。

デスロラタジンは第2世代抗ヒスタミン薬に分類されます。
第2世代の特徴は、眠気や集中力の低下、のどが渇く、めまい、吐き気などの副作用が起きにくいと言われています。
しかし第1世代にみられる副作用が起きにくくなった半面、効き目が緩やかであるといったデメリットも指摘されていました。

デスロラタジンを有効成分としたエリアスは、第2世代のなかでも後発であり、効き目が早いという特徴があります。
そして持続性が高く24時間ほど効果が続くとも言われ、眠気も起こしにくいのです。
花粉症など一日中症状に苦しむ疾患に対しては、朝服用すれば、一日中効果が続き、しかも眠くなりにくいということは、仕事や学業に支障をきたすことが少なくなるため、非常に嬉しいメリットといえるでしょう。

エリアスの有効成分であるデスロラタジンは、脳に入りにくい性質があると言われています。
そのために眠気を引き起こしにくいと考えられており、自動車の運転業務に携わる人や、仕事で運転が必要な人に向いている薬剤なのです。

ただし、エリアスはまだ新薬であり薬価が高いという難点もあります。
しかも、医師による処方が必要であり、いちいち面倒だという人もいます。
そこで利用したいのが、個人輸入の通販です。

エリアスを購入するなら個人輸入がオススメ

個人輸入の医薬品のメリットとは、エリアスのようにドラッグストアなどで気軽に手に入れることが出来ない医薬品でも、同様の成分を配合した海外医薬品を通販で手に入れることができるということです。

エリアスを国内で手に入れるには、通常は病院に行き、医師による診察を受け処方をしてもらうこととなります。
当然、診察を受ければ診察料が発生し、病院に行く時間も必要となります。
花粉症が長く続く人であれば、毎月病院に行き処方してもらわなければならず、時間も費用もかかってしまいます。
仕事をしている人であれば、花粉症のために何度も会社を休んだり遅刻したりすることは避けたいものです。

通販であれば、必要な時に必要なだけ手に入れることが出来、その度に診察料がかかることもありません。
もちろん肝心の効果についても、海外できちんと承認されているものであるため、正規輸入品であれば問題はありません。

エリアスを個人輸入の通販で手に入れるメリットは、その価格においてもあげることができます。
国内品であれば、薬価代というのは決められているため、販売価格が大きく異なることはありません。
しかし個人輸入品の場合、販売価格は自由に決めることができます。
そのため、サイトによって価格にも差があり、自分の納得する価格で購入ます。

もちろん個人で直接医薬品を輸入することも可能ですが、海外のサイトから直接購入するのは手続きも大変で言葉の壁もあります。
そういった面倒な手続きを省いてくれるのが個人輸入代行業者です。

最近では、こうした医薬品の個人輸入通販サイトがインターネット上には多く見られるようになりました。
購入者の声などを参考にしながら、価格だけでなく信頼できるサイトから購入するといいでしょう。