花粉症対策としてマスクやザイザルなどの薬を利用するのは聞いたことがあると思いますが、最近では注射での花粉症対策が注目されています。毎年苦しめられる花粉症を対策できる注射とは、一体どんなものなのでしょうか?

せきが出ている男性
  • ホーム
  • アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎の違い

アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎の違い

アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎は同じものだと思っている人がほとんどだと思います。
症状に共通点が多いため混同されがちです。
でも、実はそれぞれの皮膚炎になる原因に違いがあります。
そのため治療の方法についても違ってきます。
どちらを発症しているかはっきりさせるためには医療機関を受診する必要があります。

アレルギー性皮膚炎は、名前の通りアレルギー反応によって発症する皮膚炎です。
食費や薬品、花粉などが体に入ることでアレルギーが引き起こされ肌が荒れます。
つまり原因となる物質を特定することができます。
その原因となる物質であるアレルゲンが体内に取り込まれたときにだけ発症します。
そのアレルゲンを取り除くことで発症を抑えることができます。
基本的にはステロイド剤を使用することはありません。

アトピー性皮膚炎については、原因がはっきりしていません。
遺伝性の要素や皮膚のバリア機能の低下、生活環境、腸内環境の悪化、ストレスなどさまざまものが関係していると言われています。
そのため、原因を取り除くという対応が難しいと言う特徴があります。
皮膚の最も外側に当たる角質層セラミドが他の人に比べて好きないと言う違いがあります。
角質層は物理的刺激を受けやすいところなので症状が悪化しやすいことも問題です。
治療としては、ステロイドを使って症状を緩和する対処療法を続けて改善を待つしかありません。

アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎の共通点は、肌荒れや肌に痒みがあることです。
肌は掻き壊すことでバリアが破壊され、菌などを皮膚の内側の層に侵入させる恐れがあります。
それにより悪化してさらに痒みが強くなる負のスパイラルに陥ることもあります。
肌荒れは見た目を悪くすることもあり、精神的なストレスにつながります。
悪化させないためには、できる限り物理的刺激を減らして肌のバリアを維持すること、適切なスキンケアをして肌を元気な状態に近づけることです。

共通したスキンケア対策とは?

アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎は違うものですが、共通してできるスキンケアがあります。
どちらの皮膚炎も悪化させないことが重要です。
肌は体の表面を覆って外気に晒され、衣服に擦れる部分です。
特に物理的刺激を受けやすいため注意が必要です。
そのためには適切なスキンケアが必要です。

まずは、肌を清潔にすることです。
肌が不潔な状態だと皮膚炎を悪化させることになります。
最悪の場合は、他の皮膚障害を発症するリスクもあります。
そのため、肌をできる限り清潔に保つことを心がけましょう。

清潔に保つといっても無理に洗うことが良いわけではありません。
強い力でこすることで肌を傷つける恐れもあります。
あまり刺激を与えないために手で優しく洗うか、肌触りの良い綿のタオルで撫でるように洗うと良いでしょう。
使用する石鹸は低刺激のものを選ぶことが適切です。

清潔になったら、次は保湿です。
どちらの皮膚炎も乾燥が大敵です。
炎症がある部分が乾燥すると痒みが増してしまいます。
保湿をしっかりして肌の表面を健康な状態に維持します。
肌の表面を保護して水分の蒸発を抑える働きがある保湿剤や水分を保持する機能がある保湿剤を使って肌を保護します。

そして、外に出るときには紫外線に注意しましょう。
紫外線は皮膚に当たることでバリア機能を低下させることがあります。
紫外線によって肌が乾燥しやすくなるため、肌荒れの原因になります。
特に炎症が起こっている部分は弱くなっているので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎は、どちらも肌が荒れて弱っている状態です。
原因は違いますが肌に負担をかけないスキンケアをすることで悪化させることを防ぐことができます。